県内有数の規模の食肉加工工場さまの夜間サービス

サービススタッフの三角です。

 

今回は当店では珍しい夜間作業の現場を紹介します。県内有数の規模の食肉加工工場で、頼れる先輩 日高と一緒に点検しています。

 

作業内容は以下の通りです。

 

①徘徊性害虫(ゴキブリ・クモなど)のモニタリング:トラップを設置し、定期的に捕獲数を集計する。また工場の出入口等に忌避剤を散布し、屋外からの徘徊性害虫の侵入を低減させる。

 

②飛翔害虫(ハエ・蛾など)のモニタリング:捕虫器を設置して、定期的に捕獲数を集計する。

 

③ネズミのモニタリング:粘着ボードを床や天井裏に設置して監視する。また殺鼠剤も設置する。

 

④チョウバエ駆除:排水溝や集水升などのヘドロが溜まりがちな箇所(繁殖源)に薬剤散布を行い、幼虫を駆除する。

 

 

作業内容自体は割とありふれていますが、とにかく点検範囲が広く(学校の校舎位の広さの工場が4棟あります)、建物内部の造りも複雑なので、中々にハードです。

 

最近ようやく慣れてきましたが、ここ半年程は工場内で迷子になる事数多で、点検というより探検に近い有様でした。

 

また、徘徊性害虫のトラップだけでも60箇所以上設置しているため、点検漏れがない様に図面と照合しながら慎重に作業を進めています。

 

これからもお客様満足度の向上を目指して精進してまいります。