次世代のシロアリ駆除剤「アルトリセット200SC」のご紹介!

店長の田代です。
シロアリ駆除をお願いする時に、この業者はどんな薬剤を使っているんだろう?と考えたことはありますか?
薬剤と言っても色んな種類があり、業者によって使用する薬剤は異なります。また、シロアリ駆除剤には「劇薬」、「体に悪い」というイメージを持っておられる方も多いと思います。小さなお子さんやペット、高齢のご家族がおられる方は特に心配ですよね。
実際、5年もの間シロアリ被害を防ぐ薬ですので、私たちも工事の際は安全のためにツナギ、長靴、耐薬手袋、防毒マスクの完全防備で臨んでいます。
とはいえ依頼する側にとっても、施工する側にとっても、より安全でより高い効果の薬剤があればいいですよね。
そんな理想的な薬があるわけ…
あるんです❗
今回のブログでは当店がメインで使用しているシロアリ駆除剤「アルトリセット200SC」についてご紹介させていただきます。
この薬剤はこれまでの薬剤とどう違うのでしょうか?
まず、大きな違いとして安全性が世界的に実証されています。
アルトリセットは日本で唯一、害虫駆除先進国のアメリカの環境保護庁の低リスク殺虫剤の基準(RRP)をクリアしています。つまり国際基準で安全性と有効性の両方が立証された薬剤です。人体にも環境にも影響が少ない事が証明されています。日本で流通している他のシロアリ駆除剤はRRPをクリアしていません!
アルトリセットは空気中に蒸散しにくい成分で、日本国内の基準でも「毒物」にも「劇物」にも該当しないので、施工後の安心感は抜群です。もちろん日本しろあり対策協会、日本木材保存協会の認定薬剤にもなっています。
それに加えて、
安全性を高めたために肝心の駆除効果が低くなっているということはありません!非常に高い駆除効果が長く続くという特徴がありま😊
アルトリセットに含まれる有効成分(クロラントラニリプロール)は忌避性が無く、極めて遅効性です。ですからシロアリに一切気付かれずに薬剤を効かす事ができます。薬剤に触れたシロアリは、アゴの筋肉が数時間で麻痺するので建物を食害する事ができなくなり死滅します。
アルトリセットが何故即効性では無く遅効性なのか、それは薬剤に触れたシロアリが死ぬまでの数時間の間、活動を続けている最中に巣にいる他のシロアリと体をすり合わせ(グルーミング)続ける事で、アルトリセットの成分が巣の中に広まって行き、やがて巣全体を根絶する事が可能となるからです。
安全性も効果もまさに折り紙つきです‼️画期的な次世代の薬剤と言われるゆえんです。
やはり、工事に携わる者として、自分が安心して使用できる薬剤をお客様にもおすすめしたいと思っています。シロアリの予防駆除を検討されている方は、金額だけでなくどんな薬剤を使っているのかを契約前に確認することをお勧めします。(通常お客様から聞かれなくても説明するのが普通です)
アルトリセット200SCは、バリア工法での予防や駆除をご希望の方には本当におすすめの薬剤ですよ💡
是非お試しください(^^)